6Pチーズの歴史

1928年

チーズの製造開始

有限責任北海道製酪販売組合(雪印メグミルクの前身)が
チーズの製造・販売を開始しました。

1933年

チーズの本格的製造開始

ゴーダチーズ、エダムチーズの製造から開始し、
翌年にプロセスチーズの生産を開始しました。

1934年

プロセスチーズの製造開始

味が穏やかで食べやすく加工でき、保存性も高いプロセスチーズが
消費の主流となりました。

1935年

6ポーションチーズ(6Pチーズの前身)生産開始

6Pチーズの前身となる、缶入りの6ポーションチーズを発売。
生産開始当初は、包装をすべて手作業で行っていたため、
1日に400箱程度しか作れませんでした。

1952年

6Pチーズ自動充填機導入

1954年

6Pチーズ170g品登場

1954年(昭和29年) 6オンス(170g)のスチロール入りで生産を始めました。
1959年(昭和34年)には半円形タイプで15g×3個入りの
6Pファン(扇形の意)も生産。

6Pチーズ発売開始

1975年

6Pチーズ新パッケージ

ほぼ現在と同様のパッケージデザインにリニューアル!
皆さんおなじみのパッケージ変更しました。

1993年

イージーオープン仕様に変更

アルミをはがす赤いカットテープがついて、
開けやすくなりました。

1999年

6Pチーズカマンベール入り発売

当時は「北海道カマンベール入り6Pチーズ」というネーミングで、
パッケージデザインも異なっていました。

2003年

6Pチーズコクとうまみ発売

2004年

6Pチーズ 塩分ひかえめ発売

2007年

6Pチーズ 脂肪分ひかえめ発売

※現在は販売しておりません

2013年

6Pチーズ クリーミー発売

※現在は販売しておりません

2015年

今では、「6Pチーズ」シリーズとして健康をサポートする「塩分15%カット」、
おいしさにこだわった商品として「コクとうまみ」の
多彩な商品ラインナップとなってます。

ページTOPへ

ナビを開く